中古住宅の現地案内での留意点

先日、倉敷市内である中古住宅のご案内をしたのですが、気にかかる点がありました。外観は、築年数のわりには綺麗なんですが、家の中にあるピアノとか生活用品がそのままの状態でした。

売る気があるのか最悪でした。この物件は、当社以外の不動産会社に依頼し、その業者からの紹介物件でした。案の定、お客様もお断りの事になりました。

家の内覧時における買主の見極めとして、留意点としてあまりにも汚すぎる物件は、買わない方がいいと思います。

売主の売りたいとゆう気持ちが、伝わってこないと思います。

上記の写真は、当社売主に付仲介料不要の中古住宅です。当社は、お客様に上記物件を購入して頂きたいので、残存物を撤去しリフォームをして売り出しております。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です