不動産売買仲介手数料とは

不動産物件の売買を業者に依頼し、売買が成立した時に依頼者が支払う手数料のことを、仲介手数料といいます。

その計算方法は、400万円以上の場合、(売買金額×3%+6万円)×1.08です。

1000万円とすれば、388,800円です。お客様は、なかなかわかりにくいようですが、そういう計算式になっています。

不動産一口メモです。倉敷市の不動産会社株式会社日祥開発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です